交渉中

注目の記事

広い会議室

初めてのTV会議

現在ビジネスの場面において多く活用されているものに、TV会議があります。
TV会議ができるようになったことによって、日本各地、オフィスが離れていても一緒に会議を行うことが可能になっています。
今では、ネットの普及にともなってWeb会議もありますが、基本的にはテレビ会議とは内容や用途も異なります。
それぞれの違いを理解して使い分けることで、より遠隔での会議を効率よく行うことができます。
TV会議をおこなうほとんどの場合は、同じ内容を同じ時間で共有することを目的としています。
特に、本社が都心部にあり、地方に営業所が多くある企業や、役員が直接会議の場に出られない場合などにこのTV会議は利用されます。

TV会議をインターネットで行うのがWeb会議と思っている人も多くおり、今もなお違いがわからぬまま利用している人は多くいます。
TV会議は、カメラ映像を利用し双方の表情を確認しながら会議室で行うものをいいますが、それに対してWeb会議はデータ共有を目的として資料を元に自席で行う会議になります。
また、実務レベルの作業を共有するために使用されるのがWeb会議であるのに対して、TV会議は役員レベルの会議内容を中心に行います。
その他にも必要機器がインターネット回線かそうでないかも大きな違いになります。
どちらにもメリットがあるので、まずは使い分けをしっかり行ったうえで利用するのが効率的です。
特にTV会議はWeb会議よりも昔から利用されている方法になり、今もなお、現場の臨場感を双方で再現することができるとして、多くの企業に利用されています。
特に海外とのやりとりの会議でもTV会議は非常に有効で、相手の表情から感情を認識したり、映像や音声によって電話よりもダイレクトに伝えたりすることができるので非常に有効的だといえます。